Skip to content

Naoki Shirahige

なぜこんなに旅をするのか; 旅の目的と理由

1 min read

私といえば、かなり弾丸な旅をしていることでお馴染みで(お馴染みではない)例えば 0泊4日でいくアジア7ヶ国旅を敢行したり・・・今で言えば12日間の休みで、北は新潟、南は宮崎まで4000キロの旅をしたり。

普通の土日でも暇があれば色々なところに顔を出していたりします。


さて、なぜこんなにも旅をしているのか、目的と理由を書いてみようと思います。


まず、一番大事な概念として行かなければわからないです。情報化社会、もはやストリートビューもあればYouTubeもある。だからこそ知りたいことは取りに行ける状況下だと思うのです。しかし、行かないとわからないことも多いと考えています。

例えば空気感。私はかなり空気感を大事にしていて、いくら壮観で素晴らしいところでも、空気感が悪ければ2度と行きません。この空気感は人それぞれの感性だと思うので説明が難しいのですが、私で言えば極端に観光地化しているところは苦手だったりします。


そしてその場所に関する、知らなくてもいいこと。例えば、あーここにカフェがあるんだな、とか、この道の舗装って新しいな、とか、ここは〇〇党のポスターが多いなとか。そういう調べない情報を滝を浴びるように取得できること。これもやはり大きい。


こういうことが引き出しとなって自身の中に生まれ、色々なものに役に立ちます。どこかに行きたいなと行き先を考えるときも、誰かにおすすめするときももちろんですが、アイディアを出すときにも関わります。無意識に情報を体系的に取得できる機会というものがインスピレーションのもとになるものと考えているからです。


この経験の濃密度は年齢を重ねるとともに(体力や脳の性能の低下により)薄まっていきます。だからこそ、できるうちにできるだけインプットを重ねていきたい。

結果として、できる限り効率的にインプットすることができる、生き急ぐような旅が生まれてしまうのです。

これからも、この時間をとても大切にしていきたいですね。

© 2022 by Naoki Shirahige. All rights reserved.
Theme by LekoArts