Skip to content

Naoki Shirahige

ひとりたび2021 Day7 #travelog

1 min read

Day6 - 熊野・白浜の旅

昨晩、久しぶりに時間ができたので車の中でYouTube見たりしていたら、うとうとしてそのまま寝てしまった。すっかり夜明けだと思って起床したら25時半。こりゃいかんとちゃんと寝袋(といっても布団型なので布団)に入り直し、就寝。結局起床は朝7時前のアラームと共に。

朝日を望む。

すっかりと慣れた手つきでパッキングを進め、今日は30分ほどで準備完了。7時40分頃に道の駅を出る。


訪れたのは和歌山県世界遺産センター。熊野本宮大社側にある県営の建物。こちらに車を停めさせていただき、龍神バスを使い発心門王子へ。

熊野古道を歩くルートで一番有名で歩きやすいルート(だと思う)とのことで、こちらへ行くことに。もっとしっかりと歩くルートもあったが、まだ折り返しなので体力消耗はできる限り避けたいとの思いでこちらに。(歩きやすいといっても通常2時間のルート。)

参考までに:https://www.hongu.jp/kumanokodo/walk/hosshin/


バスに揺られる

ちなみにバスではPayPayが使えた。びっくりした。

バスに揺られること約15分。発心門王子近くのバス停へ到着。間違えそうになるが、ここから熊野本宮大社とは逆の方向に3分ほど歩くと発心門王子に着く。間違ってスルーしないように注意。

発心門王子① 発心門王子②

ここから、全長8キロ程度の道のり。

完全なる林道をイメージしていたが、道のりの半分くらいは舗装路になっていた。

熊野古道(舗装路)

30分ほど歩くと林道に入る。朝9時20分のバスだったからか、私の歩きが早かったからか、人はおらず無音の中精神を宥めながら歩く。

熊野古道(林道)

1時間ほど歩いた頃か、途中「寄り道しますか?」という看板が。読むと見晴らし台があるらしい。こういうのを見ると行きたくなってしまう性格。そちらへ迂回。

熊野古道から望む景色

東北にいたときは紅葉は既に終わっていたが、西日本ではまだ紅葉が残っていたか。最後の紅葉を満喫し、後にする。

発心門王子からは1時間半ほど歩き、見えてきた熊野本宮大社の鳥居。(なおこちらは裏門になる。)

熊野本宮大社・鳥居

毎年初詣に行っているのは地元の熊野神社ということもあり、なぜか親近感を感じる。本殿に祀られる5社様にそれぞれお詣りする。

熊野本宮大社・本殿を望む

(本殿は撮影禁止だったので、外からの写真)

神棚に祀る用の木札をいただき、熊野本宮大社を後にする。

ちなみに正面から望む熊野本宮大社・鳥居はこちら。

熊野本宮大社・正面


世界遺産センターへ戻り、朝もお世話になった係の方へ近くの温泉について尋ねると3つあるとのこと。

  • 湯の峰温泉:世界遺産になっている温泉がある
  • 渡瀬温泉:西日本最大級の露天風呂がある
  • 川後温泉:川底から温泉が湧き出ており、自分で掘って入る温泉がある

それぞれ特色を持った面白い温泉ではあったが、今回は「湯の峰温泉 つぼ湯」へ行くことにする。

湯ノ峰温泉

車で10分ほど。湯の峰温泉へ。公衆浴場は現在工事中とのことだったが、駐車場は使うことができたので停めて、つぼ湯へ。

つぼ湯

同時1組のみ。30分入れ替え制で予約不可。待たねば入れぬ秘湯というところ。

聞けば前に1組、入浴中1組で45分ほどとのこと。いつもならば諦めて違うところに行くところだが、世界遺産の温泉ということと、Google Mapの評価が恐ろしく高い(そして秘湯の評判が高い)こともあり珍しく待つことに。


近くに御飯どころがあったので行こうと思うも、現金難民になり断念。

そうこうしている間に自分の番に。中に入る。

つぼ湯内

お風呂は本当に2,3人入れるかどうかというサイズ。お湯は白濁色、少し硫黄の匂いが香る。温度もちょうどいい、やや熱め。

つぼ湯に浸かる

川の音をBGMに浸かる温泉は本当に気持ちがよかった。


昼は車に積んでいたカップラーメンを啜る。

カップラーメン

ここから予定通り白浜へ向かう。ちなみに元々海沿いに戻ってから白浜方面に行くことを考えていたが、熊野から直接山を超えて白浜の方に行けるとのこと。嬉しい誤算だった。

![白浜町ITビジネスオフィス(./20211123_152947.JPG)

最初に来たのはセールスフォース・ドットコムの白浜オフィス。数年前に白浜オフィスの立ち上げがされてから、ずっと気になっていた(どんなところにあるのか?など)ところで見に行った。

白浜町ITビジネスオフィスという施設内に位置しており、他にも4社ほどいるようだ。


白浜町の予定はこれだけだったのだが、せっかく来たのだから、ということでもう少し巡ることに。

高台から降りてきて、白良浜海岸へ。想像の50倍は白い砂に、綺麗な展望。

白良浜海岸・展望

白良浜海岸・砂

その後、地方空港に行きたくなる癖を発動して南紀白浜空港へ。

南紀白浜空港

管制塔があるが、レディオ空港(航空管制官のいない空港)となっている。

南紀白浜空港・管制塔

滑走路は全長2000メートル。

南紀白浜空港・滑走路

そして!なんと!現役の、反転フラップ式案内表示器(通称・パタパタ)が!

南紀白浜空港・2階

残念ながらタイミングの都合で動いているのを見ることはできなかったが幸せ・・・

色々見ているとヘリコプターの基地としてよく使われているのか、滞在中も海保・県警など様々なヘリが離着陸していた。

海保JA687A


翌朝は和歌山港に向かう予定だったので色々迷うも直行することに。朝8時台発のフェリーに乗船予定も、変更し朝5時台の便で行くことにする。

ということで今日はここまで。

© 2022 by Naoki Shirahige. All rights reserved.
Theme by LekoArts