Skip to content

Naoki Shirahige

ひとりたび2021 Day4 #travelog

1 min read

Day4 - 飛騨の旅

富山から飛騨へ

あるライブラリのあるCSSが気に入らず、ひたすらコードをわちゃわちゃしていたら26時半くらいになってしまい、結局8時起床。9時発。

遅出ということもあって少し道は混んでいたが、東京ほどではない。

道中、飛騨の山並みを感じる

1時間ほど車を走らせ、着いたのは「ひだ宇宙科学館カミオカラボ」。

ひだ宇宙科学館カミオカラボ

「カミオカ」とカタカナで見れば連想しやすいと思うが、「スーパーカミオカンデ」の科学館。ちなみにこの科学館は、道の駅「スカイドーム神岡」に併設されている。

館内ではカミオカンデに関する紹介はもちろん、ニュートリノに関する解説などもされていてかなり良い施設。しかも入場料無料というのだから驚き。それだけ街をあげて科学研究を支援していくという心構えの表れか。

カミオカンデに関する展示

飛騨・君の名は。のロケ地を巡る。

ちょうど数ヶ月前、小海町の方のロケ地巡りをしたところだが、こちらも長らく行けてなかった飛騨のロケ地巡りへ。

君の名は。は2016年8月の公開だから、もう5年前。5年前・・・


まず訪れたのは、旧落合バス停。瀧たちが高山で聞き込みをしているときに出てくるワンシーンの場所。

旧落合バス停 ① 旧落合バス停 ②

残念ながら数年前にバス停は廃止になっており使われていないが、今もなお残されている。

今でも市役所観光課の方々がメンテナンスされているようで、ポスターやメッセージブックが残されている。

君の名は。のポスター メッセージブック

ちなみにメッセージブックの最新は11月10日。11日前で思ったよりも最近だった。それだけファンが多い作品ということか、嬉しい気持ちになった。

(そして私も残しておいた。)


続いて訪れたのは、飛騨市図書館。

飛騨市図書館

決して広いという感じではないものの、綺麗にコンパクトに収まっている図書館だった。

※撮影許可を頂いています。

図書館内

劇中に出ているのは以下の場所。残念ながら色々な展示物はもう残されていなかった。

滝が資料を探していた場所


そこから車で5分ほど。飛騨古川駅。

飛騨古川駅

駅の待合室には劇中の着ぐるみはないが、パネルが置かれている。

名前はなんというのだろう

ちなみに私は入場券を買って中に入ったが、劇中に出てくる線路上からのシーンは駅舎内ではなかった。

隣にある建物から無券で連絡通路に行くことができ、以下のような光景を望める。残念ながら停車中の列車はいなかった。

古川駅全景

観光課の方が記してくれている

ちなみに瀧がタクシーの運転手に聞き込みをしているのは、目の前のロータリー。

飛騨古川駅ロータリー


飛騨市最後は気多若宮神社。

気多若宮神社①

こちらの境内への道がロケ地となっている。

気多若宮神社②

番外編:白川郷

旧落合バス停に行った後、そのまま飛騨市内に戻る予定だったが、思ったよりも白川郷に近いことに気付く(車で1時間)。

数週間前に見たニュースで今年の茅葺き屋根の張り替えをしたはず。行くしかない!の一心で行って来た。

白川郷の茅葺き屋根

正直、ただの綺麗な村というイメージしかなかったが、資料館を見学していると、昭和の高度経済成長の裏にあった地方農村の葛藤がありそれを垣間見ることができた。常に目線は広く、色々なことを知って行きゃいかんなと気持ちを改める。

ちなみに皮肉か、今の白川郷は東京民の私の想像の200倍は観光地化されていた。

宿泊

宿泊は昨晩風呂に浸かりながらBooking.comを見ていたときに見つけて予約した岡田旅館へ。

岡田旅館

正直いつもホテルがある場所、というだけで選ぶので知らなかったが「奥飛騨温泉郷 平湯温泉」らしい。由緒正しき温泉街という印象。

さて、困った。こういうこともあろうと現金を下ろしておこうと思っていたが、すっかり忘れていた。恐る恐る御飯屋を覗くと、現金会計オンリー。

悪い予感的中し、現金難民。ATMも街まで出ないといけないようだ。

ということでなぜか自炊して難を逃れる。(逃れてない)。


まあ、無事ライブを見ることができたし、旅館も温泉だけは素晴らしかったので満足。

ライブ終わりにラーメンを啜りに行く予定だったが、かなりの疲労が溜まっていたのでこのまま寝ることにする。

また明日。

© 2022 by Naoki Shirahige. All rights reserved.
Theme by LekoArts