Skip to content

Naoki Shirahige

ひとりたび2021 Day3 #travelog

1 min read

Day3 - 新潟・十日町の旅

キャンプ場で迎える朝

新潟の朝焼けを望む スノーピーク本社に映る朝日

昨晩結局2時くらいまで起きていたのでしっかりと寝て7時過ぎに起床。9時からチェックアウトできるので、ゆっくりと珈琲でも淹れながらパッキングを進める。

キャンプ場のコーヒーは美味い。

周りを見るとキャンプ民は1名。大きなテントに大人3名。あれは玄人だなぁ、と少し聞き耳を立てると、新商品の話やスノーピークの株価の話をしており、いい株主に恵まれている会社だなと思う。

![愛車](./original_f8958a88-1a9b-4c87-812d-f20cf9f02afc_Point Blur_20211119_072003.jpg)

次回はテントも買ってこなきゃなぁ、と気持ちを新たに持ち、チェックアウトへ。ちなみに2022年にスパもできるらしい。いくしかない。推すしかない。

洗車していないので足回りが汚いが、新しくスノーピークヘッドクウォーターのステッカーを貼りました。

愛車2

十日町市へ。

本来は昨日夜予定だったものの、時間がなかったので今日行く事に。

十日町情報館

お目当ては十日町情報館。懐かしみを感じる「図書館戦争」のロケ地になった場所。

撮影許可を頂いています

十日町情報館

建築は内藤廣さん。本当に建築美。美しい。

書棚

段々になっているのは、棚田を彷彿とさせる

書棚番号

そして大事なこれも。

「図書館の自由に関する宣言」

越後妻有里山現代美術館

続いて訪れたのは「越後妻有里山現代美術館」。旅先で「美術館」と聞くと無性に行きたくなってしまう。

エントランス

カフェ

こちらも本当に美しい建物に、現代アートが並んでいる。

アートの一部① アートの一部② アートの一部③ アートの一部④ アートの一部⑤ アートの一部⑥

とても感慨深かったのが、地域の人に馴染んでいること。実際のところどうかは知る由もないが、地域に根付く現代アート、つまりはアートシティに成功している例がそんなに多くないように思うので興味深い。

光の館

越後妻有里山現代美術館で街のマップを発見。見ていると本当にアートの街のよう。

一際目を引いたのが「光の館」。いかずにはいられなかったので来た。

外観

2階建ての建物は、1階がコンクリート造、2階が木造らしい。

2階からの眺め

紅葉が過ぎた頃で残念だったが、それでも素晴らしい眺め。

客間

3つの客間がありそれぞれにコンセプトがある。これはそのうちの1つ。屋根が可動式になっており、晴れている日は上のように吹き抜ける。

風呂

1階には広い風呂。ここには直接照明はないとのこと。間接照明が照らすこのお風呂、入ってみたい。

コンクリート壁

一瞬、コンクリートとは思えなかったが寄ればわかる。

昼ご飯

次の目的地に向けて走っていたときにふと見つけた蕎麦屋へ。十日町の卵を使っている蕎麦をいただく。

蕎麦

清津峡

最後は清津峡へ。日本三大峡谷であり、国の天然記念物。元々は外側に道ができていたが崩落事故で閉鎖。再建を考えるも天然記念物ということで、造築ができなかったためトンネルが掘られたという経緯を持つらしい。

清津峡

トンネルの一番奥にはフォトジェニックなポイントもある。(「ライトケーブ(光の洞窟)」)。休みの日には賑わうらしい。

20211119 143211

ただ、思ってたほどの満足度ではなかった。何故だろうと帰り道歩きながら考えていたのだけど、期待値の方向性のズレな気がしている。渓谷なので個人的には自然を体感したいと来たのだが、設計者はアート作品として目指している、この違いのように思う。フォトジェニックやアートを求めて来た人は満足すると思うが、自然を体感したい、ゆったりとした時間を探しに来た人にはミスマッチ感。とはいえ、こうして集客できているのだからいずれにしても観光地としては正解を踏んでいるように思う。(なので、是非を問うつもりは毛頭ない。)

棚田

これで帰ろうと思っていたのだが、グーグル先生がこういうのもあるよ!と教えてくれたので行くことに。

新潟の棚田を堪能できるポイント。

棚田

そしてこのタイミングでこの度唯一のミーティングの時間が来てしまい、2時間ほど足止め。真っ暗になった頃、移動に戻る。

飛騨への移動(の予定だった)。

かなり疲れが溜まっており(昨日はシャワーしか浴びれなかったのもあり)北陸道のSAで2〜3回ほど休憩を挟む。我慢できず流杉SAで仮眠したら結構寝てしまい、本来、飛騨へ移動し車中泊予定だったのだが、これは危ないなと思い富山市内で宿泊地を探すことに。

ちょうどインターチェンジそばにルートインがあるらしい、そしてGenius会員で安くなっていた、そして大浴場があるらしい

ということで本日は本旅初のホテルへ。

謎にインターチェンジが望めるローケーション。

見えるのは富山インターチェンジ

明日は飛騨へ行くところからはじまる。では、また明日。

© 2022 by Naoki Shirahige. All rights reserved.
Theme by LekoArts